ニュースイベント犬グッズ猫グッズ犬の動画猫の動画可愛い動画面白い動画犬の画像 | 猫の画像 |
2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
お勧めサイト情報
人気サイト情報
ブログ内検索
カテゴリー
里親・迷子情報
けんてーごっこ
月別アーカイブ
お問い合わせ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
最新のコメント
最新のトラックバック
カウンター
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
【ニュース】 中国産の食品は警戒!!
2007年04月16日(月)
ペットフードリコールの問題もさることながら、中国産の食品は人間も食中毒になる事例がたくさん報告されていて、日本でも警戒態勢がとられつつあるようです。



↓良かったらポチっとお願い致しますm(__)m↓
人気ブログランキングへ



【More・・・】

【〔中国〕米ペットフード禍、中国産の食品に強い警戒感】

毒物が混入したとみられる中国産小麦を原料に使ったペットフードを食べて、米国の犬と猫16匹が腎不全にかかって死亡したほか、約1万匹のペットが嘔吐(おうと)や食欲不振などの異常を訴えた事件が起こり、中国製の食品への不安が広がっている。中国では農薬使用の規制が少ないのに加えて、中国産の果物や野菜の輸出量が世界全体の12%を占めているためだ。米国などから今後、中国に対し、食品の安全基準見直しを求める声が強まることは必至だ。(相馬勝)

 このペットフードはカナダ・トロントのメニュー・フーズ社が製造したもの。同社では苦情が殺到したため、昨年12月3日から今年3月6日までに米カンサス、ニュージャージー両州の2工場で製造された犬猫用フード95種、約6000万点を回収する騒ぎになった。

 ニューヨーク州食品安全当局によると、死んだ猫が食べた製品から、殺鼠剤に使用される「アミノプテリン」が検出されたという。米食品医薬品局(FDA)当局者は米紙、エーシャン・ウォールストリート・ジャーナルに対し、中国から輸入した小麦にアミノプテリンが混入していた可能性が高いと明らかにしている。

 アミノプテリンは酵素阻害剤の一種で、米国で抗ガン剤のほか人工中絶を目的に使われたこともあるが、胎児の先天異常を引き起こす副作用があり、現在は処方されていない。

 これに対して、中国の食物の品質検査を統括する中国国家質量監督検査検疫総局(質検総局)は中国から米国やカナダに、ペットフード原料として小麦を輸出したことがないとして、ペットフードの毒物の原因が中国産小麦であるとの指摘を否定している。

 しかし、同社に小麦を卸しているチェムニュートラ社は同紙に対して、メニュー・フーズ社への小麦は中国江蘇省の徐州安営生物技術開発有限公司から購入したと言明。同公司の責任者は「小麦は他の国を経由して米国に運び込まれた」と同紙に語ったという。

 米農務省によると、米国向けの中国産食品の輸入額は1980年の1億3300万ドルから、昨年には22億6000万ドルと26年間で17倍にも増えている。しかし、FDAによると、先月1カ月だけでも、中国から米国向けの食品を積んだ船舶215隻が食品の安全性に危険性があるとの理由で陸揚げを拒否されている。

 とはいえ、すべての中国の船舶を検査することは物理的に不可能で、ほとんどが簡単な検査だけで陸揚げされているという。

 日本では2002年に、中国産ほうれん草から基準量以上の農薬が検出されたことから、輸入停止措置がとられたことがある。また、中国保健省によると中国で05年、毒物が混入された食品が原因で9021人が食中毒にかかり、235人が死亡。また、人口の4分の1に当たる3億人が、食品が原因による病気にかかっているという。

 このため、米国などで今回のペットフード禍を契機に、「米国で中国産の食品に対して警戒が強まりそうだ」と同紙は指摘している。


Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000009-fsi-bus_all

中国は相変わらず否認・・・。
これだけたびたび公になっているのに、認めないってことはこの先もこんなことが続く大ですね。

中国国内でもこれだけの人が被害にあっているのに、なぜ改善しようとしないのでしょうか。
これが国ぐるみで中国を陥れようとしているアメリカの策略だとしても、どちらにしろ海外のものを食べて具合を悪くするよりは、日本のものを食べていた方がまだ安心でしょうか。



↓良かったらポチっとお願い致しますm(__)m↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【編集】 20:00 |  ニュース  | TB(0) | CM(2) | Top↑
コメント
●baraiさん
やっぱりそうでしたか!
クローネくんも、Dちゃんもbaraiさんに出会う為にお空からやってきたんですね(^^)

輸入ものは中国産に限らず、やっぱりちょっとした不安がありますね。高くても国産のものがやっぱり一番ですね。一番新鮮な状態ともいえますし。
Zeekrally |  2007.04.17(火) 10:19 | URLコメント編集
そうそう、我が家で飛行機でやって来たのはDちゃんとクローネです。
やはり国内のものが安心出来ますね。今は中国産の物って色んな分野で増えて来ましたけど、高くても国産を選ぼうと思っちゃいます。
barai |  2007.04.17(火) 08:43 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アニマルグッズ情報
人気ページ情報
更新NEWS
RSS対応 相互リンク様
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。