ニュースイベント犬グッズ猫グッズ犬の動画猫の動画可愛い動画面白い動画犬の画像 | 猫の画像 |
2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
お勧めサイト情報
人気サイト情報
ブログ内検索
カテゴリー
里親・迷子情報
けんてーごっこ
月別アーカイブ
お問い合わせ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
最新のコメント
最新のトラックバック
カウンター
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
【ニュース】 アメリカと中国、小麦粉をめぐり貿易摩擦
2007年04月14日(土)
輸入小麦粉をめぐるアメリカと中国の溝
何度も紹介しているペットフードリコール問題で、アメリカは中国から小麦輸入を全面的に停止。
しかし中国との貿易摩擦問題も・・・。


↓良かったらポチっとお願い致しますm(__)m↓
人気ブログランキングへ



【More・・・】

ペットフードをめぐって米国と中国の対立が深まっている。

 米国で最近、汚染されたペットフードが原因で、15匹の猫や犬が内臓疾患を引き起こして死亡し、また数千匹が食中毒の症状を引き起こす問題が発生し、米国議会上院の農業小委員会は8日、この問題についての公聴会を開くことを決めた。米国のペットフードメーカーは問題の広がりを受け、商品の自主的な回収を大々的に行うなど、消費者離れの防止に奔走している。

 この問題ではさらに、犬や猫を死なせたペットフードの製造過程で、中国から輸入された小麦たんぱくが使われていたことが判明し、米国食品医薬品局(FDA)が小麦たんぱくの輸入を全面的に中止したことで、米国と中国の貿易摩擦に発展する兆候を見せはじめている。FDAは中国産の小麦たんぱくに、プラスチックを製造する際に使われる化学物質のメラミンが混入していたと発表した。これに対し中国の業者は、「小麦たんぱくの輸出量は極めて少ない」と反発している。

 米国紙ウォールストリート・ジャーナルによると、中国の当局者らは、問題の小麦たんぱくを原料にしたペットフードを食べた犬や猫が死んだり病気になったという報告が、中国国内では報告されていないということを強調したという。一方、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙は「中国から輸入された小麦たんぱくに化学物質のメラミンが混入していたかどうか、中国当局が調査を行っている」と報じた。

 FDAの勧告を受け、カナダにある北米最大のドッグフードメーカーの「メニュー・フーズ」社は、自社の製品6000万個を自主回収し、また中国から輸入された小麦たんぱくを使って犬用のビスケットを製造・販売した米国のサンシャイン・ミルス社も製品の自主回収に踏み切った。

 自主回収の対象となった製品は既に約100種類に達し、さらに増加しており、欧州へ輸出された分も対象に含まれていることが分かった。その中には、ピュリナー、コルゲート、デルモンテなどの有名ブランドも含まれているという。


朝鮮日報

中国側は一体何を反発しているんでしょうか。
中国の地元に住む人達は、農薬まみれの野菜や、メラミンの入った小麦粉を好んで食べるんでしょうか。

これは中国だけに言えた問題ではないですが、これを機に安心して食べられる食材の輸出を考えてもらいたいです。




↓良かったらポチっとお願い致しますm(__)m↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【編集】 10:00 |  ニュース  | TB(2) | CM(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ドッグフードがなぜ危険なのか?それは、中身(原材料)を知らずに与えているからです。あなたが与えている、ドッグフードの中身(原材料)とは・・・
2007/04/15(日) 17:34:07 | ドッグフードの選び方
-
管理人の承認後に表示されます
2007/10/21(日) 17:59:20 | 
アニマルグッズ情報
人気ページ情報
更新NEWS
RSS対応 相互リンク様
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。