ニュースイベント犬グッズ猫グッズ犬の動画猫の動画可愛い動画面白い動画犬の画像 | 猫の画像 |
2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
お勧めサイト情報
人気サイト情報
ブログ内検索
カテゴリー
里親・迷子情報
けんてーごっこ
月別アーカイブ
お問い合わせ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
最新のコメント
最新のトラックバック
カウンター
スポンサーサイト
--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
【ニュース】今度は犬用おやつがリコール!!
2007年03月28日(水)
Beefeaters(R)(ビーフィーターズ)の豚耳がリコール!!
なんとペットフードに続いておやつまでがリコール!
この大波乱は一体いつまで続くのでしょうか・・・。


↓良かったらポチっとお願い致しますm(__)m↓
人気ブログランキングへ



【More・・・】

今回のリコールとなった原因はサルモネラ菌の検出。

米国食品医薬品局(FDA)が、会員制小売店「BJ's Wholesale Club」で販売されていた「Petrapport,Inc.」の犬用おやつ「Berkley & Jensen Pig Ears(ピッグイヤーズ)」の一部からサルモネラ菌が検出されたことを発表した、という事です。

サルモネラ菌が検出されたのは、チリから輸入した豚耳を使用したおやつだそう(゚Д゚;)
サルモネラ菌って高温では死滅しますが、常温ではすさまじい勢い増殖するようです。
しかもおやつってことは、飼い主さんが直接手で掴んであげれば、二次感染することも。
今のところ、豚耳で食中毒の症状が出た報告はないとの事ですが、きっとペットフードでこれだけ騒がれている今、米国食品医薬品局(FDA)も警戒体勢をとっているように感じられます。

もしかしたら、この先もこんな事例が続々と挙がってくるんではないかと、不安を抑えられない現状ですね
アメリカでは米国食品医薬品局(FDA)なるものが存在していますが、日本ではどうなんでしょうか?日本のフペトフードの安全性は各メーカーごとに調べているんでしょうか。

また、ペットフード問題では、次々とフフードによって病気になったであろうペット達が次々と報告されているようです。
アメリカの獣医師達は、今回の対象は缶詰やウエットフードが問題となっているので、ドライフードに切り替えるように指導しているようです。

参考記事:犬ニュースゼロワン
関連記事
笑う犬の王国(仮称)の犬声人語
犬の生活情報発信館


↓良かったらポチっとお願い致しますm(__)m↓
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
【編集】 12:28 |  ニュース  | TB(0) | CM(2) | Top↑
コメント
●tkさん
相互リンクありがとうございます!
こちらでもRSSの相互リンクに設定させていただきました。
こちらこそ宜しくお願いします!
Zeekrally |  2007.03.28(水) 16:18 | URLコメント編集
●ご訪問ありがとうございます。
こんにちは。
コメントありがとうございました。
こちらもリンクさせていただきましたので、今後ともよろしくお願いいたします。


tk |  2007.03.28(水) 14:08 | URLコメント編集
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アニマルグッズ情報
人気ページ情報
更新NEWS
RSS対応 相互リンク様
リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。